SpeedFusionクラウド

SpeedFusionクラウド


特長


  •  必要な対向ルーターとして使用できる仮想ルーター
      サービス
  •  必要なデータ容量をあらかじめ購入いただく従量制
  •  ライセンス購入後はルーターの管理画面から有効にする
      だけで使用可能。お客様でのサーバー管理などは不要
  •  200Mbps スループット対応 (ベストエフォード)
  •  1台のマルチSIMルーターに対して、
      1ライセンスが必要

SpeedFusionの「切れない接続」には、2台のルーターが必要でしたが「もっと手軽に」「もっと簡単に」を目指して "SpeedFusionクラウド" サービスの提供が始まりました。SpeedFusionクラウドは、Peplink社が設置するクラウド上のホストサーバーに設置されています。 そのため、お客様でのサーバー管理は不要。ライセンス購入だけで、「手軽に」「簡単に」SpeedFusionを利用できるサービスです。

3つのメリット

SFC_merit

クリックで拡大

SpeedFusionクラウドを使用すると、1台のマルチSIMルーターに対してSpeedFusion クラウド(仮想ルーター)が1つ割り振られます。これにより、対向側の物理的なルーターが 不要になり、1台のみでSpeedFusionが使用できます。

※特定のPtoP(機器間)通信など、SpeedFusionクラウドをご利用いただけない環境がございます。
 詳しくはお問い合わせください。

プラン別 容量・有効期間 一覧

容量 速度 有効期間
プランD 2.5TB 200Mbps(MAX) 1年間
プランE 5TB 200Mbps(MAX) 2年間
プランF 10TB 200Mbps(MAX) 3年間

ユースケース

WEB会議

双方向通信対応で、様々なWEB会議システムに利用できます

ライブ配信

複数のLTE回線を同時利用し、 大容量映像の安定した配信に活用

遠隔地

通信環境の悪いところでも、ルーターと組み合わせて安定した通信環境を構築可能

車載

車載システムのデータをSpeedFusionクラウドを使用して自社サーバーに安定して送信

SpeedFusionクラウドを使用した「切れない接続」

Peplink マルチSIMルーターは、クラウドサービス「SpeedFusionクラウド」と合わせて利用することによって、 安定した「切れない接続」を提供します。 このビデオでは、Web会議などでの「困った」を例として、 マルチSIMルーターのテクノロジーがどのように動作するかをご紹介します。

FAQ

少数のルーターでの運用や、データ送信先がWebサービスの場合は、SpeedFusionクラウドが推奨構成となります。 多数のルーターを運用する場合や、機器対機器の通信などの場合、またネットワーク構成としてルーター双方に詳細な設定が必要な場合は、ロードバランスルーターを推奨しています。
(Q SpeedFusionクラウドを使用できない条件は? も参照してください)

SpeedFusionクラウドは簡単に操作が出来ることを目的としているため、仮想ルーター側の複雑な設定ができません。 一例として、Webサーバーとデータを送受信するWeb会議やWeb経由動画配信サービスには非常に親和性が高いですが、 送受信機器の双方にIPを設定しなければいけない機器対機器(PtoP)の通信などには対応できない場合があります。

プランごとに設定されている容量を使い切った場合、SpeedFusionクラウドは無効になります。
但し、ルーターの回線自体は引き続き使用することが出来ますので、SpeedFusionを使用した安定通信は出来なくなりますが、 通常のルーターとしては引き続き通信が可能です。

一旦有効期限が切れた後に、新たにライセンスを手動で更新していただく必要があります。
(自動更新機能の実装を予定しています)

ルーターのWebAdmin画面から残容量が確認できます。

ルーターWebAdmin

ご購入、導入についてのご相談などは
下記フォームからお気軽にご連絡ください。

 会社名・学校名必須

 お名前(氏名)必須

 Eメールアドレス必須

 電話番号

 ご興味のある製品をお選び下さい(複数選択可)

 お問い合わせ内容(下記内容をご自由に編集し送信してください)必須